お電話でのご予約・ご相談はここをタップ
03-3838-4118
受付時間:10:00〜19:30 木/祝日:10:00〜14:30 休診日:日曜

コンポジットレジン(白い詰め物)のこと

治療のこと

歯科学会 学術講演会のお知らせ
先日、足立区歯科医師会において学術講演会に参加してきました。
今回のテーマは、コンポジットレジン修復でした。

歯医者で白い詰め物をしたことがある患者さんはご存知かもしれませんが、
コンポジットレジンとは、簡単に言うとプラスティックのような合成樹脂です(実際は、一般的なプラスティックよりも非常に強固です)。
虫歯の部分を削って取り除いたり、もともと歯のない部分や欠けている部分にコンポジットレジンを詰めて歯の形に戻し修復します。
このコンポジットレジンには、メリットとデメリットがあります。

メリット
・歯質を必要以上に削らない。
・見た目が歯質の色に近いため、見た目が改善できる。
・歯科医がその場で直接行うので、即日修復できる。

デメリット
・変色しやすい。着色しやすい。
・強い力がかかった時に、欠けたり割れたりしやすい。
・吸水性があるため、ずっと使用していると強度低下が起こる。

コンポジットレジンの治療の流れ(当日即日の治療が可能です)

メタルインレー(金属の詰め物)が破折して来院。
コンポジットレジンで補修・審美修復を行います。



破折したメタルインレーを除去したあと、できるだけ歯質をのこすようにして土台作りをします。
そこにコンポジットレジンを使い増築するように形を整えます。
コンポジットレジンは液状〜粘土状になっており、光照射をして硬化させます。


コンポジットレジンを盛り終え固めたら噛み合わせの調整をし、最後は綺麗に磨いて完成です。

このように、虫歯で小さい詰め物をしたところが破折していたり、変色していて気になる方は、
お気軽にご相談ください。